メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

庵治石の紹介

このページはHomeの中の環境への取り組みのページです。

庵治石製品ができるまで

大丁場の良質な原石は、優れた採石技術と加工技術が融合して初めて世に出ます。長年の経験に培われた目を持つ山石の巧みに選ばれ、耐え抜かれた名工の技によって新しい息吹を加えられ銘石になるのです。

庵治石丁場
高級墓石 庵治石

採石 01

大丁場という山から原石を切り出す作業です。
『かさねや二番肌』と呼ばれる断層やキズ、石目を見極め
火薬穴の数や場所、火薬の量を決めて発破します。

大割 02〜03

大割とは、発破した原石を運び易い大きさに割る作業です。
キズを見定め、削岩機で穴をあけてセリ矢を入れて、
叩いて割っていきます。

小割 04

大丁場という山から原石を切り出す作業です。
『かさねや二番肌』と呼ばれる断層やキズ、石目を見極め
火薬穴の数や場所、火薬の量を決めて発破します。

運搬 05

小割した原石を加工場へ運びます。機会化が進み便利に
なりましたが、それでも危険が伴う作業です。

庵治石:運搬

切削(せっさく) 06〜07

小割りされた原石を加工場で製品の型に切っていきます。
細かいキズや石目のムラも確認しながら、
切削機の刃をいれる場所を探す熟練の技です。

庵治石:切削

研磨(けんま) 08〜10

光沢を出して庵治石独特の石肌に仕上げ、
耐久性を高めるために何種類もの砥石を使い分けて丁寧に研磨します。
自動機械研磨機で磨くことの出来ない部分は職人の手で磨いてゆきます。

庵治石:研磨

加工 10〜12

硬くねばりのある庵治石を少しずつ丹念に仕上げていく作業は職人の手仕事です。
きめ細かい作業には熟練の技が欠かせません。

庵治石:加工

完成 13〜14

石目や色が合わなければ、例え完成しても取り替えとなります。
不具合があれば、どの時点であっても原石からやり直します。

庵治石完成01

採石:発破
庵治石:大割
庵治石:大割2
庵治石:小割
庵治石:切削
庵治石:研磨
庵治石:加工
庵治石:加工
庵治石完成02

ページの終了